ホーム  >  仕事を探す:仕事を知る

仕事を知る

仕事を探す JOBS

仕事を知る

グローバル企業が増えるとともに、英語を使ったお仕事の需要は年々高まるばかり。
英語を使って働く醍醐味とその魅力を探ります。

コーディネーター青木たかねさんの写真

【コーディネーター】
青木たかね

着実にステップアップしていくためには、キャリアビジョンを持つことが大切です。「できること」、「足りないこと」、「今やるべきこと」が見えてきます。

  • 仕事を知る:通訳

    通訳のお仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 通訳のお仕事では大きく2つに分けられます。ひとつは企業内で通訳専任のポジションと、もうひとつは業務の中に通訳が含まれるポジション(翻訳と通訳、英文事務と通訳など)があります。

    他の派遣会社では業務の中に通訳が含まれるポジションも「通訳」と呼ぶケースもあるようですが、アイ・エス・エスでは「通訳」は通訳専任のポジションを指します。

  • 求められるスキルにはどのようなものがありますか?

  • 各ポジションによって様々ですが、

    ・ 同時通訳
    ・ ウィスパリング(話者の耳元でささやきながら通訳)
    ・ 逐次通訳

    などがあります。

    通訳のお仕事をご紹介させていただくには、実務でのご経験、通訳スクールでのトレーニングのご経験、ご登録の際の通訳チェック(同時通訳/ウィスパリング・逐次通訳)の結果を併せて拝見させていただき、ご紹介をさせていただいております。

    通訳のお仕事に興味を持たれ、お問い合わせいただくことも非常に多いのですが、英語力が高い、イコール通訳ができるわけではないということをご理解いただければと思います。通訳をするには大前提として高度な通訳力と幅広い知識が必要となります。また英語力のみならず高い日本語運用能力が求められます。

    聞き取った内容を瞬時に理解し、場面に応じた的確な訳出をする。大変な集中力と日々の研鑽が求められる職業ですが、とてもやりがいのある職業ではないでしょうか。

  • 最近求人の多い業界について教えて下さい。

  • 幅広い業界から求人をいただいております。ほんの一部をご紹介しますとIT・システム・ソフトウエア・通信、メディカル、保険、銀行、自動車、コンサルティング、消費財、広告業界などがあげられます。

  • 通訳者になるにはどのようにすればなれるのでしょうか?

  • ご経験のない方が、いきなり通訳専任のポジションに就くことは難しいかと思います。秘書、英文事務、アシスタントなど、業務の中に通訳が含まれるお仕事のご紹介からになるかと思います。

    また通訳者養成スクールでのトレーニングも必須です。様々な表現を学び、ご自分のパフォーマンスの弱点などを把握するためにはスクールを活用するのが一番です。

    現場でのご経験も大切ですので、スクールとお仕事の両立を図りうまくステップアップして頂きたいですね。

    通訳者・翻訳者養成スクール アイ・エス・エス・インスティテュートについてはこちら(http://www.issnet.co.jp)

コーディネーター五十嵐俊子さんの写真

【営業】
五十嵐俊子

等身大の自分を見極めることができる方であれば、確実にキャリアアップにつながります。キャリアプランを一緒に描いていけることを願い、バックアップさせていただきます。

  • 仕事を知る:翻訳・翻訳チェッカー

    翻訳のお仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 私どもでご紹介致しております翻訳のお仕事では大きく2つに分かれます。
    ひとつは翻訳のお仕事のみを担当する翻訳専任のお仕事、もうひとつは翻訳と英文事務など業務の中に翻訳をお任せするポジションです。

  • 最近多い求人について教えて下さい。

  • 業界の流れから申し上げますと、最近はIT・メディカル・金融業界からの求人を多くいただいております。IT業界では特にITコンサルティング、ソフトウェア・ハードウェアメーカー、ネットワークシステム関連での各種技術文書、プレゼン資料などの翻訳、メディカル業界では、製薬メーカー、CRO、医療機器メーカーでの安全性情報監視、CIOMS治験関連の翻訳、金融業界では、銀行、保険、投資顧問などでの金融庁関連、金融商品資料、契約書などの翻訳の求人を数多くいただきます。これ以外の業種でもご紹介を致しております。

  • 翻訳のポジションで求められるスキルとは何でしょうか?

  • 翻訳のお仕事で共通して言えることは経験(知識)とスピード、訳出精度の高さなどが求められます。また訳出した物をPowerPoint等のソフトで加工し、資料を作成するといったお仕事も最近多くいただくようになりました。またプロジェクトなどではチーム単位でお仕事を進めて行くケースも多くありますので、翻訳のスキルだけではなく、コミュニケーション能力の高さも求められるでしょう。

    翻訳専任、翻訳を含むお仕事をご希望の方には翻訳トライアルをお受けいただき、トライアル結果と、これまでのご経験を詳しく拝見してお仕事のご紹介をさせていただいております。

  • 未経験でも翻訳専任のお仕事に就くことは可能でしょうか?

  • 未経験の方が最初から翻訳専任のポジションに就くことは難しいと思います。
    基本的に私どもでいただく求人のほとんどが企業内での翻訳専任のご経験者ということでいただきます。また業界でのご経験が問われる場合がほとんどです。

    業務の中に一部翻訳が含まれるポジションについてはご紹介の可能性があるかと思います。例えばこれまでSEやシステム関連のお仕事をされていた方でしたら、そのご経験を活かしてシステム関連のお仕事の中に翻訳が含まれるポジションなどが挙げられます。

  • やはりスクールで勉強した方がいいのでしょうか?

  • 私どもでは翻訳スクールも併設しておりますので、そこでトレーニングを積まれることをお勧めしています。スクールに通われるメリットとしては、適切な訳出とは何か、こなれた訳出とはなど、現役の講師から直接学べますし、トレーニングの方法や業界の動向などご自分ではなかなか知りえなかった情報も得ることができると思います。

    よく申し上げることなのですが、英語を理解して日本語に置き換えることと、翻訳するというのは全くの別物です。簡単な英語・日本語の置き換えであれば問題ないのでしょうが、翻訳を仕事にしていくのであればやはりきちんとしたトレーニングが必要でしょう。

    英語を原文に忠実に正確に理解できているか、適切な日本語で表現できているか、誤訳をしていないかなど、スクールに通われる前にご自身でチェックできる箇所はたくさんあります。ご自分に足りない所はどこか、認識した上で勉強をスタートされるといいのではないでしょうか。

  • 翻訳チェッカーのお仕事について

    翻訳チェッカーのお仕事について教えて下さい。

  • 翻訳チェッカーのお仕事では訳文のチェックが中心で、内容としては訳抜け、スペルチェック、誤訳、体裁・校正の確認などが挙げられます。

  • 求められる経験はどのようなことがありますか?

  • ご経験としては翻訳チェッカーのご経験やTradosの使用経験が求められます。内容によっても異なりますが翻訳経験の浅い(翻訳者の卵の)方を求められるケースもあります。

コーディネーター青木たかねさんの写真

【コーディネーター】
青木たかね

着実にステップアップしていくためには、キャリアビジョンを持つことが大切です。「できること」、「足りないこと」、「今やるべきこと」が見えてきます。

  • 仕事を知る:秘書

    秘書のお仕事で求められるスキルとは何でしょうか?

  • 必要なスキルとしてはまずコミュニケーション力でしょうか。相手の立場に立って、その方が求めるであろうことを先回りして考えられ、行動に移せる方。臨機応変にテキパキと物事を進められる方。当然ですがビジネスマナーのしっかりした方ですね。

  • 経験のない方が秘書のお仕事に就く場合どのようなキャリアパスが考えられますか?

  • 仮に目標をエグゼクティブセクレタリーとした場合、ご経験のない方が最初からエグゼクティブセクレタリーというのは難しいです。例えばグループセクレタリーなどからスタートされて、ご経験をつまれてエグゼクティブセクレタリーになられるケースが多いです。

  • 秘書のお仕事はどのような種類があるのでしょうか。お仕事の内容について教えて下さい。

  • 秘書には様々なタイプがあり、企業の役員クラスの方に付くエグゼクティブセクレタリー、外国人付き、日本人付きなどのポジションがあります。また部門付きなどのグループセクレタリーの場合、通常の秘書業務に加えてデータや数字の管理などもお任せする場合もあります。またエグゼクティブセクレタリーは上司の方の不在時には、代わって業務を進めていただくケースもありますので、ご経験豊富な方が求められる場合もあります。

    仕事内容はスケジュール管理、会議の準備から海外ビジターの対応など非常に多岐にわたります。また通訳・翻訳が含まれるポジションも多くあります。通訳ではコミュニケーションレベルの逐次通訳などから会議での同時通訳・ウィスパリング、翻訳では社内文書や資料の翻訳、英文レターの作成等のスキルを求められています。専門的な通訳・翻訳のトレーニングを受けられている方を求められるケースもあります。

  • 求められる英語力のレベルはどの程度でしょうか?

  • 求められる英語力ですがポジションによって様々です。外国人付きの場合はビジネスレベルの英語力(読み・書き・会話)から通訳・翻訳をお願いする場合もありますので、それ以上の英語力・日本語運用力を求められるケースもあります。

    英語を使う頻度ですが、読み・書き・会話、全てをフルで使うポジションや、会話は電話や来客応対の際にのみ使い、読み書きが中心のものもあります。例えば英文レターを作成し、資料を読み、それを翻訳するケースなど様々です。

  • なるほど。お仕事によって求められる経験、スキル、英語力も異なるのですね。

  • そうですね。最初から秘書のご紹介が難しい場合でも、グループセクレタリーからご紹介させていただける場合もあります。これまでのご経験がご自身の気付かない意外なお仕事で活かせる場合もありますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

営業尾崎ひとみさんの写真

【営業】
尾崎ひとみ

当社にご登録に来られる方は、向上心・スキルの高い方が多く、お話させていただくと
皆様のハートを感じ、こちらが感心させられ、いつも感銘を受けております。

  • 仕事を知る:英文事務・アシスタント

    英文事務・アシスタントとはどのようなお仕事ですか?

  • 資料作成や会議準備、電話・来客応対、経費管理、出張手配など部内・チーム内で発生するさまざまな業務のサポートが中心となります。また英文レターの作成や、ミーティングでの通訳、資料などの翻訳が含まれるポジションもあります。

  • 英文事務・アシスタントのお仕事で求められるスキルとは何でしょうか?

  • 英文事務・アシスタントのお仕事では手際よくお仕事を進められる実務能力が求められます。Word・Excel・PowerPointなどのOAスキルや、業務の中に通訳・翻訳のポジションが入る場合もありますので通訳・翻訳のスキルが求められるケースもあります。また当然ですがコミュニケーション能力の高い方が求められます。

  • 未経験でも英文事務・アシスタントのお仕事に就くことはできますか?

  • 英文事務・アシスタントのご経験がない場合でも企業内での一般事務・営業アシスタント・総務などのご経験を1年以上お持ちですとご紹介の可能性があるかと思います。ご経験をお持ちでない場合には実務レベルの英語力をお持ちであるとご紹介がしやすいと思います。例えば英文レターの作成、口頭でのコミュニケーション能力、英文資料を短時間で正確に読み解く力などが挙げられます

  • 求められる英語力はどのレベルでしょうか?

  • ポジションによって異なります。TOEICで申し上げますと800点以上となりますが、あくまで目安とお考え下さい。読み・書き・会話トータルでバランスの取れた英語力が求められております。またご登録時の英会話チェックで口頭でのコミュニケーションレベルを確認させていただきます。その結果とこれまでのご経験を詳しく拝見させていただき、その方のご経験、英語力のレベルに応じたお仕事のご紹介をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

コーディネーター五十嵐俊子さんの写真

【営業】
五十嵐俊子

等身大の自分を見極めることができる方であれば、確実にキャリアアップにつながります。キャリアプランを一緒に描いていけることを願い、バックアップさせていただきます。

  • 仕事を知る:人事・総務

    人事・総務のお仕事はどのようなお仕事でしょうか?

  • 人事のお仕事は人事部にて採用、研修に関する業務、各種保険に関する手続き、給与支払い、確定申告、管理データの作成などを行います。主な業務内容は下記のようになります。

    ・採用・研修に関する業務:
     面接の設定、レジュメ管理、オファーレターなど書類の発送、
     社員研修のスケジューリング、各種手配、人材紹介会社とのやり取りなど

    ・各種保険に関する手続き業務:
     手続きの書類作成(加入・脱退)、健康保険組合に申請、データ管理

    ・給与支払に関する業務:(外注している企業もあります)
     勤怠集計、データ作成とチェック、給与明細書の仕訳など

    総務のお仕事は総務部にて代表電話/来客応対、備品/郵便物管理、経費精算などを行います。

    (企業によっては人事総務部で一括して業務を行っている企業もあります。)

  • 人事・総務のお仕事で求められる経験はどのような経験・スキル・英語力でしょうか?

  • 企業内での人事・総務の経験を求められる場合が多いのが特徴です。人事のお仕事の場合、数字の集計やデータ管理をお任せすることもありますので、特に正確さが求められるお仕事であると思います。総務のお仕事では他部門との連携なども発生しますので高いコミュニケーション力が求められます。

    英語力についてですが、人事・総務のお仕事共に、実務レベルの英語力が求められるケースが多くあります。書類作成や電話・メール対応の際に使用することがあります。

営業尾崎ひとみさんの写真

【営業】
尾崎ひとみ

当社にご登録に来られる方は、向上心・スキルの高い方が多く、お話させていただくと
皆様のハートを感じ、こちらが感心させられ、いつも感銘を受けております。

  • 仕事を知る:貿易事務・カスタマーサービス

    貿易事務・カスタマーサービスのお仕事はどのようなお仕事ですか?

  • 貿易事務・カスタマーサービスのお仕事では商社、メーカー、貿易会社などで受発注業務、船積み書類の作成、通関関連業務、インボイス作成、L/C、運送手配、オーダー・在庫管理、海外とのやり取り、納期管理、顧客対応などを行います。

  • 求められる英語力はどのようなものですか?

  • 書類の作成や、海外とのやり取り(電話・メール)などで使用するケースや社内に外国人がいる場合には口頭でのコミュニケーションが発生する場合があります。いずれの場合にも実務レベルの英語力が求められます。

  • 必要なスキルはどういったものがありますか?

  • 貿易関連のお仕事のご経験が求められます。また乙仲やメーカー、海外などとのやり取りが発生しますので高いコミュニケーション力が必要でしょう。

営業尾崎ひとみさんの写真

【営業】
尾崎ひとみ

当社にご登録に来られる方は、向上心・スキルの高い方が多く、お話させていただくと
皆様のハートを感じ、こちらが感心させられ、いつも感銘を受けております。

  • 仕事を知る:経理・英文経理

    経理・英文経理とはどのようなお仕事ですか?

  • 経理・英文経理のお仕事で求められるスキルとは何でしょうか?
    基本的な経理の知識をお持ちの方であればご紹介可能なお仕事から外資系企業でUS GAAP又は国際会計基準ベースでの英文会計・経理のご経験を求めるものまで非常に幅広いのが特徴です。

  • 未経験でも経理・英文経理のお仕事に就くことは可能でしょうか?

  • ご経験をお持ちでない場合、基礎的な経理の知識をお持ちでないとご紹介は難しいかも知れませんが、経理のご経験がなくとも例えば、総務のお仕事の中に経理的な業務にも携わられていたなど何らかの形で接点があればご紹介させていただける場合があります。そのためには職務経歴書・英文レジュメの中にご経験された内容の詳細が記載されているとご紹介させていただきやすくなります。職務経歴書、英文レジュメの書き方についてはこちらをご覧下さい。

  • 求められる英語力はどのレベルでしょうか?

  • お仕事によって様々ですが、社内外でのコミュニケーション(電話・メール)や書類の読書きで求められるケース、また社内の外国人と口頭でのコミュニケーション力が求められるケースもあります。

  • 簿記の資格はあった方がいいのでしょうか?

  • 日商簿記検定をお持ちであれば、どれくらいの知識をお持ちであるか判断できる目安となりますので、機会があれば受験されるのもいいでしょう。

  • 仕事を知る:海外アドミのお仕事

    「海外アドミ」とはどのような仕事でしょうか?

  • 「海外アドミ」とは、海外で日本の企業が遂行する土木・建設工事などのプロジェクトサイト内のオフィスで行うアドミニストレーション業務を指します。各種事務処理や労務管理、通訳業務などプロジェクトを進める上で必要な事務的な業務を総称してアドミ業務と呼んでいます。具体的には、現地国での各種申請書類作成、資器材調達管理、保険求償業務、現地労働者管理、技術指導時の通訳、キャンプコントロール、現場でのロジスティックス管理などが挙げられます。

  • 求められる経験はどのようなものでしょうか?

  • 英語または現地語を操る力だけでなく、海外でアドミ業務を行った経験が求められるケースが多いです。通訳業務が主となる製造現場などでは、通訳力の他に、技術的な知識が求められることがあります。また、アドミ業務の割合が少なく、海外の技術者への技術移転・指導の場面での通訳などが中心となるお仕事もございます。その場合はアドミ経験が問われないケースもあります。

Copyright(C) ISS, INC. All Rights Reserved.