ホーム  >  Tips/コラム:すぐに役立つTips集

Tips/コラム

すぐに役立つTips集

語学のプロとして働く心構え、お仕事のチャンスを手に入れるための書類作成のコツなど、今すぐ役立つ実用的なアドバイスをお送りします。

通訳者としてのスタート

アシスタントや英文事務、秘書、アドミ(庶務的業務)でも海外との連携が多い部署、また職場の外国人と接点が多い業務などでは、コミュニケーション・サポートとして通訳をすることがあります。そのような、現場での通訳経験と実績を重ね、併せて通訳スクールで専門的な訓練を受けることで、通訳者としての力が磨かれていきます。そして、さらに通訳業務の専門性が高くなり、重要な役職の人たちと関わるようになるにつれ、緊張感を伴う、プレッシャーのかかるシーンで通訳対応をすることも多くなってきます。そのため、通訳のスキルとともに、メンタルなタフさを鍛えておくことも大切です。通訳専任のポジションでは、クライアントからの期待度も高く、また要望も厳しくなるので、それなりの業界経験や通訳年数に裏付けられた同時通訳対応力などが必要になります。

派遣での通訳業務

通訳者は国際ビジネスのさまざまな場面で活躍しますが、派遣スタッフが通訳を行う場面は大きく2つに分けることができます。1つは、社内向けの通訳で、所属部門、会社全体、プロジェクトなどでの通訳があります。そこには、海外本社や支社、関連会社との連携における通訳も含まれます。そしてもう1つは、対外的な通訳です。それには、クライアントやビジネスパートナーとの会議やプレゼンテーションをはじめ、株主総会、監査、許認可申請などさまざまなものがあります。社内通訳、対外的通訳について、以下で詳しく説明します。

社内の通訳業務

外国人上司と日本人社員との間の日常的および定期的な報告、連絡、相談などの場面での通訳です。ほかにも、所属チームや部門内での打ち合わせ、各種会議での報告やプレゼン、部門を横断したプロジェクトや研修、役員会などでの通訳があります。会議などの場合、参加するメンバーや人数、目的、所要時間などによって、通訳者に求められるレベルはさまざまです。また会議の内容によって、通訳者が知っておくべき専門知識や語彙も異なってきます。上司の外国人は必ずしも欧米系とは限りません。アジア圏、中南米、欧州出身で、英語が母国語でない方が上司になるケースもあります。

対外的な通訳業務

どの企業にもクライアントがあり、ベンダー(製品供給業者)やパートナー企業、業界団体、許認可機関など、社外の多くの企業・団体との連携と協力のもとにビジネスが展開します。自社の製品やサービスをクライアントにプレゼンしたり、商談、パートナー企業とのプロジェクト、あるいはトラブル対応、各種の記者会見など、対外的ビジネスシーンでは数多くの通訳ニーズがあります。監査や許認可申請などでは、第三者機関や外部のコンサルタントが入り、企業経営を左右する重要な場面で通訳を行うこともあります。

通訳の基本要素

通訳者は、スピーカーの発言を正確に理解して、聞き手に伝える役割を担っています。また通訳の業務では、逐次通訳だけでなく、ウィスパリング通訳の機会も多く、パナガイド(送受信機)を使用したり通訳ブースに入って行う同時通訳などもあります。それぞれの場面や要求に対応できるように、日頃から通訳スキルを磨いておくことが大切です。また、一人で通訳をするケースだけでなく、他の通訳者と連携しながら通訳するケースもあります。通訳者同士のコミュニケーションをはじめ、通訳者として心得ておくべきマナーにもさまざまなものがあり、先輩を通して学んだり、また通訳スクールなどでも身につけることができます。

企業内通訳者の課題

通訳者にとっては、「高い通訳スキルと豊かな業務知識を持っていること」が最も重要な課題です。また、通訳者としてビジネスプロトコールを押さえていることも大切です。さらに、忘れてならないのが体調の管理です。通訳がいるから予定された会議も成り立つのです。ですから、常にベストのパフォーマンスを出せるように、日頃から体調管理には十分に気をつけましょう。通訳のお仕事は即戦力であることが重視されます。スキル面では、これも日頃から専門知識の補充を怠らず、また、自分自身の通訳者としての強みや課題をしっかり把握しておくこと。即戦力として、自らを磨く努力を忘れないようにしてください。

翻訳者としてのスタート

翻訳の経験がない方が企業内翻訳者を目指す場合、まずは英文事務やアシスタントなどの英語を使うお仕事から始めるのが一般的です。もしオプションがあれば、英語での読み書きが多いお仕事に就くと、より翻訳に役立つ経験ができます。リーディング、ライティング業務を経験しながら、平易な翻訳をするチャンスが巡ってきたら、ぜひ積極的に取り組んでみてください。そのような経験を重ねて実力が伴ってくると、翻訳の比率が高いお仕事への可能性が広がってきます。また毎日、翻訳業務をこなしていくと対応力がついてきますが、それと並行して、翻訳スクールなどで翻訳のテクニックを身につけていくことをお勧めします。

派遣翻訳者としての業務

企業内の翻訳専任のポジションでは、高いレベルの翻訳力とスピードだけでなくそれを支える専門分野の知識や業界知識が求められます。そのため企業内の翻訳業務には通常、特定分野での翻訳経験が必要で、長年の蓄積がものをいう職務だといえるでしょう。また、クライアントの業界は幅広く、法律関連、製薬、医療機器、ヘルスケア、自動車、メーカー、流通、食品、ゲーム、エンターテインメントなど多岐にわたります。金融分野では証券、銀行、投資銀行、生命保険、損害保険、監査法人などに根強いニーズがあり、近年はIT・通信、メディカル分野でのニーズが拡大傾向にあります。

英訳と和訳の対応力

企業内の翻訳業務では、英訳と和訳の両方に対応するケースがほとんどです。案件によっては英訳のみ、または和訳のみというケースもありますが、どちらにも対応できるようにしておくと、お仕事を獲得できる幅がより広くなります。英語力のベースをしっかり整えておくことはもちろんのこと、英語検定1級、TOEICは900点以上など高度な資格取得は英語力の証明になり、書類選考でも有利となります。また、ネイティブのチェッカーや社内の外国人と英語でコミュニケーションをとる場面もあり、基本的な英会話力を備えておくことも欠かせません。

OA操作力も磨いておきましょう

翻訳業務でもOA操作力は必須で、そのスキルは翻訳のスピードアップにもつながります。企業内の翻訳業務では、ワードやパワーポイントなどで作成された原文を翻訳するのが一般的。特に外資系企業ではプレゼンテーションが多く、パワーポイントで作成された資料に訳文を上書きしていく機会が多くあります。そのため、レイアウト調整などをできるようにしておくことも必要です。また分野によっては、翻訳支援ソフトの経験を問われることがあり、それを使いこなすことも翻訳者としてのスキルの一つになりつつあります。

翻訳者に必要なヒューマンスキル

翻訳は一人で行う作業ですが、派遣翻訳者として社内で業務を行う場合は、翻訳の依頼者や翻訳チームの責任者、あるいはネイティブのチェッカーなど、周りの人たちと関わりながら仕事をすることになります。また、原文を作成した人に内容を確認したり、社内の技術者や専門家に教えを受けることなどもあります。質の高い翻訳を完成させるには、関係者としっかりとコミュニケーションがとれること、社内のリソースを有効に活用できることが大切です。そのようなヒューマンスキルが、ひいてはあなたの翻訳力を高めることにもつながります。

翻訳に大切な3つの要素

翻訳には3つの基本要素があります。1つ目は、原文を構成する単語や構文、論理の展開など、「原文を正確に理解する」ということです。2つ目は、「原文のメッセージが正確に伝わり、読み手にとって理解しやすい訳文になっているか」ということ。そして最後が、最新の専門用語を理解し「新しい単語やコンセプトなどをどう表現するか」を探るリサーチ力です。加えて、社内の用語集の単語や書式を守っているかなども重要な要素です。単純なことですが、訳文の抜けは致命的です。できあがった翻訳は少し時間を置いてから必ず見直しをし、綿密な最終チェックをした後での提出を心がけましょう。

企業内翻訳者の課題

原文の骨子だけを求められる翻訳、社内の人だけが見る翻訳、クライアント先でのプレゼン資料、許認可などで第三者機関へ提出するフォーマルな申請書類など、派遣先で翻訳者に求められる内容はさまざまです。翻訳の目的によって対応方法も変わってくるので、訳出文章がどのような目的で使われ、誰が読むのかを事前に理解しておくことも大切です。また、スケジュールの厳しい翻訳に対処しなければならない場合もあり、多様な翻訳ニーズに対応できる力を培っておく必要があります。時代とともに新しい技術やサービスが生まれ、それに伴って用語なども変わり、翻訳スタイルも変わっていきます。そのような変化にも敏感かつ柔軟に対応していくことで、つねに必要とされる翻訳者になれるように努めてください。

派遣で必要な英語力とは

クライアントの要望はさまざまなので、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングのどの要素が必要とされるかは、お仕事によって異なります。総合力が要求される案件もあり、英語でキャリアアップを考えている方には、この4技能をバランスよく磨いておくことをお勧めします。また、ご自身の英語力を証明するためにも、TOEICや英語検定などの取得をお勧めします。資格の取得は、現在の英語力の強みや課題を把握する機会にもなります。

リーディングとライティング

メール、社内文章、ニュースリリース、海外の業界関連情報、さらに企画書、報告書、契約書など、業務ではさまざまな英文書類に対応する必要が出てきます。案件によって、扱う英文書類の難易度や頻度も異なりますが、まず、自身が扱う英文を理解するリーディングから全てが始まります。次に、他者へ文章で伝えるためのライティング力が必要となります。上司や同僚から依頼を受けて英文を作成したり、英語で実施される会議の議事録を作成したり、求められるライティングのレベルもさまざま。ただし、いずれの場合も、限られた時間内で正確に原文を理解し、書くことが求められます。

リスニングとスピーキング

リスニングとスピーキングについては、例えば電話対応ひとつをとっても、簡単な取り次ぎから複雑なクレーム対応まで、難易度はさまざまです。また、社内および所属部門に外国人が常駐していると、当然、日常的に英語でコミュニケーションする機会が多くなります。なかでも、外国人付きの秘書などのケースでは、スムーズなコミュニケーション力を身につけておく必要があります。さらに、社外のお客様対応や、海外からVIPの来客などが入る役員レベルの対応業務では、ビジネスマナーと同時に、その場に相応しい洗練された英語表現も抑えておきたいものです。

コミュニケーション力を高める

新しい仕事をスタートする際には、職場環境や一緒に働く人たちにいち早く慣れることが大切なのは言うまでもありません。それに加えて、英語だけではない総合的なコミュニケーション力を意識的に高める工夫が必要です。その企業が扱っている製品やサービスの理解を深め、そこで使われる英語と日本語の語彙や表現を抑えておくのは基本。職場特有の用語や言い回しを使いこなせるようになると、周りの人たちとのコミュニケーションも格段にスムーズになってきます。さらに、業界の動向や広いビジネスの知識が、あなたの業務の対応力を高めてもくれます。

総合英語力から、次のステップへ

英文事務、アシスタント、アドミ、秘書などで英語を使う頻度が多くなると、翻訳や通訳が業務の一部として入ってくるケースがあります。このレベルからさらに、語学スキルの向上に軸足を置いて、プロの通訳者、翻訳者を目指していくキャリアパスがあります。そのようなステップアップを目指す方のために、アイ・エス・エスでは、お仕事紹介とともに、通訳・翻訳訓練を提供するサポートシステムをご用意しています。つねに次のステップを意識しながら、現在の仕事に取り組むことで、将来のキャリアが開けてくるでしょう。

【和文】職務経歴書の書き方についてご案内いたします。

  1. 1.氏名と作成年月日

    • 右上部に、作成年月日と氏名を記入
  2. 2.職歴

    • 在職期間は1番古いご経験から時系列で記載(年月まで明記)
      *雇用形態(正社員、契約社員、派遣社員、インターン、アルバイトなど)を記入
  3. 3.会社概要

    • 会社の事業内容、社員数など
  4. 4.所属部署/職種情報

    • 所属部署と職種を明記
      *職務内容については、簡潔かつ具体的に
  5. 5.ブランク期間

    • 仕事のブランクがある場合には、期間と理由を簡潔に明記
  6. 6.資格など

    • 資格やパソコンスキル、スクールの通学経験(例:通訳学校)

※120XX年00月00日
山田華子

職務経歴書

※219XX年X月~19XX年5月 ○○○生命保険株式会社 (正社員)

※3事業内容:従業員数:2,000名(19XX年4月~19XX年12月)

※4マーケティング部アシスタント

  • グループアシスタント業務
    部員6名(含外国人2名)のサポート、会議設定、マーケティング資料作成、
    プレゼン資料・メールの翻訳、部内コミュニケーション上の通訳、経費精算
  • 部内総務業務
    外国人社員のVISA、住居関連業務、経費精算、部員勤怠管理
  • 部内庶務業務
    備品購入と管理、業者選定、価格交渉、請求書処理

(19XX年12月~19XX年00月)
営業本部に転属 営業本部長(英国人)付秘書

  • 本部長のスケジュール管理、会議設定、国内外出張手配、
    海外からの来客対応、プレゼン資料・メールの翻訳、
    社内会議での通訳(逐次:参加者5名~12名)
  • 英国本社連携業務、海外支店営業会議出席(年4回・含海外出張)、
    議事録作成(英文・和文)、国内営業資料作成

※5[19XX年5月~200X年6月 海外留学及び求職活動]

200X年6月~現在 ×××生命保険株式会社(派 遣)
事業内容:××××××  従業員数:500名

副社長(米国人)付秘書兼通翻訳者

  • 通訳
    定例社内会議・グループ企業会議(ウィスパリング)、
    部内打ち合せ、顧客企業への訪問同行、
    銀行保険企業関係者との打ち合わせ
  • 翻訳
    経営会議用資料、広報Web情報、プレスリリース

※6OAスキル: Microsoft Word, Excel, Power Point

資  格:TOEIC 920(20XX年1月)、
英語検定準1級(20XX年5月)

通訳訓練:アイ・エス・エス・インスティテュート
東京校土曜基礎2
(200X年4月~200X年9月)

【英文】職務経歴書(履歴含む)の書き方についてご案内いたします。

  1. 1.パーソナルデータ(Heading)

    • 氏名、住所、電話番号、Eメールアドレスなど(中央揃え)
    • 冒頭に「RESUME」などの記載は不要
  2. 2.希望職種(Objective)

    • 希望職種・業務内容
    • その職種に対する自分の長所、企業に貢献できること
  3. 3.職歴(Experience)

    • 年代の新しいものから順に記述
    • 勤務形態(派遣社員・契約社員・インターンシップなど)
    • 左側:勤務期間
    • 右側:勤務先名及び所在地
      職務上の肩書具体的な職務内容及び業績などを記述
      (箇条書き、ActionVerbの活用)
  4. 4.学歴(Education)

    • 最終学歴(ケースバイケース)
    • 学位、専攻/学科、学校名、卒業年度
  5. 5.コンピュータースキル(Computer Skills)

    • OS、言語、DB、開発ツール、アプリケーションなど
  6. 6.資格(Certificate)

    • 英語資格(取得時期)

May 25, 20XX

※2ALISON L. BUMBRY
Nihonseimei-Ichibancho Bldg. 4F
23-3 Ichibancho, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0082
Home: (03)3230-4731
Mobile:090-XXXX-XXXX
E-mail: xxxxxx@xxxxx.xx.xx

※2OBJECTIVE: A marketing management position in which marketing and administrative experience plus strong writing and computer skills can be used to maximize sales and profitability of one or more product line.

※3EXPERIENCE:
Feb.20XX-Present ZIMMER & BOYLE, INC., Tokyo

Product Marketing Division     July 20XX-Present

Administrative Coordinator For Director of Marketing

  • Created and managed a database to control budgeted expenses for advertising and promotion.
  • Participated in designing and implementing market research studies to determine potential size of market for new product lines.
  • Coordinated focus group session to determine customer attitudes toward our product lines and those of competitors.
  • Initiated desktop publishing program to create space ads, catalogs, and mailing pieces.
  • Saved the company over ,000 in the first year of operation.

Administrative Assistant to Sales Manager    Feb. 20XX- Jun. 20XX

  • Analyzed field sales reports and wrote summaries highlighting problems requiring immediate action and those suggesting need for changes in product design, order fulfillment procedures, or customer service.
  • Resolved customer complaints by taking direct action whenever possible or
    by routing complaint to the appropriate person. Followed up to ensure complaint was properly handled.
  • Supervised a secretary who handled all correspondence and clerical tasks.

Apr. 1998-Jan. 20XX CROUCH AND COWER INTERNATIONAL, INC., Tokyo

Secretary To Marketing Manager, Marketing and Planning Division

  • Developed detailed marketing plans, working from rough outlines provided by marketing manager.
  • Created and managed a segmented database of names of customers and qualified prospects for direct marketing campaigns.
  • Wrote copy for mail campaigns and catalogs.
  • Established media contacts to obtain free publicity for new products and special offers.

※4EDUCATION:
B.A in Political Science, ISS University, Tokyo 1998

※5COMPUTER SKILLS:
Ms Word, Excel, PowerPoint, Access, Lotus 1-2-3

※6CERTIFICATE:
TOEIC score: 945 (20XX)
STEP English Proficiency Test: 1st Grade (20XX)
TOEFL score: 630 (20XX)
ISS Institute (20XX~Present)

Copyright(C) ISS, INC. All Rights Reserved.